英語とappleとDIYと

apple製品、英語関連、DIYについて

【TOEIC初心者】音読を意識した学習法で600点は余裕であった体験談紹介

こちらのWebサイトは移転しました。


https://ikuji-kosodate.work/
友だち追加→友達追加で今すぐ使える300記事プレゼント中!
Check!!!▼

今週のお題「平成を振り返る」とやはり、英語の学習を忘れることができません。英検もそうですが、toeicで高得点とるためにどれほど試行錯誤したか!今回は思い出を振り返るにあたって、toeicで初心者、つまり初受験でも600点とる学習方法を体験談から紹介したいと思います。

 

 【toeic】初心者が600点を短期間で絶対にとる学習法とは?

f:id:buchibuchi4647:20190315212231j:plain

自分の実力がどれくらいなのかわからないまま英語の勉強をしていたため、モチベーションが下がっていました。そこで、TOIECを受験して点数を知ることで実力がどれくらいなのかを知り、弱点などを考えることで次にどのような勉強をするべきなのか、どのような取り組みをするべきなのかについて考えるきっかけを作ろうと考え、受験することにしました。

受験をすることで、自分がどれくらいの力を持っているのかを数字で知ることができるので目標も数字で立てやすく、実際に勉強する時にも、モチベーションを保って努力できる環境を作ることができました。

また、文法などを見直すきっかけにもなり、今後の英語力の向上にとてもつながることだと思いました。

TOEIC初心者は音読するだけで効果がすごいことに?

f:id:buchibuchi4647:20190317061432j:plain

私の勉強法は、主に音読をすることです。音読は、英語になるという意味でとても良い勉強法です。口に出すことで動詞句などを覚えるきっかけになり、単語帳を見て覚えるときに眠たくなってします人や、教科書を見ているだけでは単語力や英語力に不安を覚える人にこの勉強法は特におすすめです。

また、英語脳ができるともいわれています。英語の感覚を作ることができるともいうことができます。

長文を読むときもスピードが速くなったり、リスニング問題では、音読をする前にCDを聞くことでリスニングの効く感覚をつかむことで話の内容をつかみやすくなったり、文の区切れをつかむことできるようになります。これによりリスニング問題でも幅広く対応できるようになります。

リーディングに関して

f:id:buchibuchi4647:20190317062705j:plain

リーディングパートの読むときのコツは前から読んでいき、途中で戻らないようにするということです。TOEICは問題数が多いため一問にかける時間は短いです。そのため、文章を読む時間はできる限り短くすることが大事です。

よって、戻って読むことにより、時間がかかるため解くことができる問題数が少なくなってしまいます。さらに、英語は前から読むことで、文に大事な主語、述語を知ることができるため、理解しやすいです。

また、文章の作りを知ることは大事だと思います。基本的に定型文で書かれているため、必要な情報がどこにあるかを知ることは解くために必要な時間を短くすることができます。そのため、問題によってどのような作りになっているかを把握しておく必要があります。

リスニングに関して

f:id:buchibuchi4647:20190315212537j:plain

リスニングパートは、毎日聞くことが大事だと思います。音読をするときにネイティブのCDを聞くと思いますが、その時に英語の発音やリズム、特徴をしっかり聞きながら音読に取り組むことが大事だと思います。

これをすることにより、実際にリスニングの問題を解くときに必要な情報を問題から聞き取りやすくなります。そして、特徴をしっかり知ることで、少し聞き取りにくかった単語や少ししか発音していない単語であっても特徴があるため拾うことができるようになります。

あとは、何回も聞いてなれることが大事だと思います。なれることで速さが早いリスニング問題でも聞き取れるようになり、少しづつ難しい問題や長い会話問題も解けるようになります。

音読が効率的に学習できる参考書

evergreenの使い方とは?

f:id:buchibuchi4647:20190315212415j:plain

絵がとても丁寧に書かれており、説明が分かりづらいところもイメージを持って理解をすることができます。また、単元ごとに説明が分かれており、その中の大事なポイントを例文で示してあるため、重要なポイントを例文のイメージで理解することができます。

その例文についての解説も下に丁寧に説明をされているため、ほかのページを行ったり来たりすることなく理解をすることができます。

単元ごとの最後のページにはまとめのページもあるなど、別々の部品で理解した後に全体の部品を組み合わせた状態で確認をすることができるため、その単元をしっかり理解することができます。また、パートごとに重要度が分かるため、理解するべきところを各自が知ることができる。

メリットとデメリット

f:id:buchibuchi4647:20190315205937j:plain

メリットは、音読をすることで、長文問題、リスニング問題、文法問題に対応できるという、対応できる範囲の広さがあります。

音読をするということは、日常で英語を使う環境にいるということと似たような環境を作ることができ、近年では、よく、英語ができるようになる近道は留学する手段を挙げる人をよく見かけますが、お金がかかってしまい、難しいという人も多いかと思います。

しかし、音読をするということはCDとテキストがあればできるため気軽にすることができ、実際に英語力が付きやすいといわれており、とても良い方法です。

しかし、デメリットとしては、毎日続けなければ音読はあまり結果として実感しにくいのではないかと思います。英語の力をつけるには毎日コツコツすることが一番大切だと思います。

試験前にできる学習

試験前はTOIECが公式で作成している過去問や予想問題を解くことをお勧めします。この過去問はTOIECが本番で作成する問題傾向や形式が似ており、ほかの参考書でも文法や単語の英語のベースを作ることができますが、実際にTOIECで点数を取るためにスピードや感覚をつかむためには傾向、形式をつかむ必要があるので、過去問を解くことをお勧めします。

さいごに 

点数が上がるかどうかは本人の努力次第ではありますが、文法の基礎となる部分をしっかり積み上げるための勉強法を今回は提案させていただきましたので、文法の問題はevergreenで学んだことを理解していれば解けます。

長文、リスニング問題では、音読をしているため英語に慣れているためスムーズに読んだり聞いたりすることができます。また、過去問で傾向を学ぶことで、より早く解くことができます。そのため、点数は上がります。