映画が記になる

映画・ドラマ・車・DIYなど

スピードラーニング効果あり、なし?口コミと違うリアルな体験公開

移転しました。

英語を話せるようになるまでいろいろと勉強してきましたが、人生で1度だけスピードラーニングを使って勉強していた時期がありました。

英語を勉強したことある方もそうでな方も1度は聞いたことがある「スピードラーニング」。誰もが「本当に効果あるの?」って疑問に思ったことがあると思います。そんな僕のスピードラーニングを使ったリアルな体験談を紹介します。

 スピードラーニング実際の効果

車のラジオのCMでも「スピードラーニング」のCMをよく耳にします。英語に興味のある人は英語が話せるようになりたいと思っているはずです。しかし、「スピードラーニング」は本当に英語が話せるようになるのか。実際に試した人が周りにいないから購入をためらうってしまいます。値段も決して安いわけではありません。

僕は大学時代、スピードラーニングを購入した人から「スピードラーニング」を借りて勉強していた時期がありました。世間の評価と僕の実際の評価で違う所もあるかもしれませんが、これがリアルな体験レビューと思って記事を読んでください。

動機

f:id:buchibuchi4647:20170605221240j:plain

なぜスピードラーニングを使って英語を勉強しようと思ったのか。それは興味本意です。当時はとても流行っていましたし、留学前であった僕は英会話を少しでも見つけてから海外に行きたいと思っていたからです。

また、キャッチフレーズの「聞くだけで英語が話せる」ってウソか本当かみたいな話に1度は乗りたいものでした。人間は楽して何かを得られるって言葉にとても購買意欲がわきます。それで購入した人も少なくはないはずです。

使用前

使用前は英語のレベルはTOEICは500点前後でした。英会話は外国人を前にしたら、言葉足らずで、固まってしまっていました。また、大学は英語科を専攻していましたので、高校時代、英語は得意でしたが、もう1度文法や英語知識など、大学から復習していました。

しかし、最低限の知識を知っている程度です。はやり、留学するには英会話の能力は必須です。そのために「ペラペラ」になる必要がありました。

勉強方法

f:id:buchibuchi4647:20170606231038j:plain

スピードラーニングは英会話を聞き、その後日本語が流れます。文章内容はあいさつ、家族の紹介や趣味、料理など、最初は簡単なことから始まります。徐々にレベルアップしていきます。

勉強方法は1度は英語を聞く。そして、日本語を聞いて内容理解。後は、何度も繰り返し聞いて、覚えるまで聞く。実際、聞くだけで英語がペラペラってわけにはいきません。わからない単語や覚えきれないフレーズは、メモ帳を用意してまとめていました。

この作業を繰り返して自分の中で納得したら、ようやく次の場面(ユニット)に移ることができます。暗記力や人によると思いますが、僕の場合、ユニット1を完璧にするのに7日くらいかかってしまいました。

このままでは1巻を終わるのに3ヶ月くらいかかってしまいます。そして、全部で48巻。全部終わるのにどれだけ時間がかかるか。スピードラーニングをしている間に留学が終わっている....。スピードラーニングを全巻完璧した人は本当にいるのか疑問になりました。

使用後

結局、スピードラーニングは1ヶ月くらいで挫折しました。終わりの無い勉強。聞き流す内容もあまりオモシロくない。それでも1巻はとりあえず終わらそうと思って、1ヶ月でなんとかやりきりました。

その後、リスニング効果を試そうと海外ドラマを字幕なしで見ることに挑戦。しかし、見事に惨敗しました。1ヶ月そこそこでは僕のリスニング力は全く効果なしでした。

ただ、その後学校で受験したTOEICのリスニングは少しだけ上がっていました。これがスピードラーニングの効果なのかどうかはわかりません。

スピードラーニングはおすすめか

f:id:buchibuchi4647:20170523131315j:plain

ここまできてスピードラーニングを使って英語を勉強することをすすめるのか。相当時間があって、暗記に自信がある人にはおすすめ教材と思います。また、僕の場合、自分で購入した教材でないので、このスピードラーニングに対して、必死さがありませんでした。高額な教材を購入すると利益を出そうと必死になります。やはり購入者しか向いていない教材です。

聞き流すだけはほんとうか

聞くだけで英語がペラペラは神話でした。やはり努力しないと英語は話せません。何かを得るためには努力はつきものです。

しかし、努力を助けてくれる教材もありました。僕は英語を話せるようになるまでにいろいろ教材にも手を出しています。失敗もしています。失敗から学んだこともあります。以下の記事は英語を話せるためにほんとうに勉強になります。

 

 

english-apple-diy.hatenablog.com

 聞き流すことにプラスアルファをするこで英語は全く違ってきます。そのことを理解しましょう。また、英語を身につけるなら長期より短期間でマスターしたいものです。どうかこの記事を教訓に英語の勉強に役立ててください。

スピーキング練習は、初級レベルでは英会話においてたくさん用いられる基盤になる口語文をシステマチックに繰り返し鍛錬して、単なる記憶ではなく勝手に口を突いて出てくるようにするのがなにより効率的である。
普通、英会話では、ともかく文法や単語を覚え込む必要があるが、差し当たり英語で会話するための目標を着実に据えて、知らない内に作り上げている精神的障害を取り去ることが重要なポイントなのです。
人気のあるピンズラー英会話は、ポール・ピンズラーDr.が世に出した教育メソッドで、幼児が言語を習得する仕組を使った耳にしたことをすぐ話すことで英語をマスターするという画期的なプログラムなのです。
有名作家のドンウィンスローの本はめちゃくちゃ魅力的なので、すぐにその残りの部分も読みたくなります。勉強のような感触はなくて、続きに惹かれるために英語学習自体を維持できるのです。
通常、英和・和英辞典を適当に利用することは当然意味あることですが、英会話習得の初級者の段階では、辞書だけに依存しない方がよいでしょう。

大抵の場合、英会話を勉強するためには、渡航先としても人気のアメリカ、イギリス英語、オーストラリア連邦などの英語を母国語とする人や、英語そのものを一定してよく話す人と良く話すことです。
いわゆるヒアリングマラソンとは、英語スクールでも盛況の講座でネットでも使えて、予定を立てて英語を操る座学を行えるとても適切な教材の一つです。
知り合いはフリーソフトの英単語学習プログラムを取り寄せて、およそ2、3年ほどの勉強のみでアメリカの大学院入試に通用する程度の基本語彙をものにすることが可能になったのです。
普通、英会話のオールラウンドな能力を付けるには、英語を聞き取ることや話せるということのその両方を練習して、もっと効果的な英会話能力を得ることが重要です。
中・高段位の人には、始めに映画等での英語音声+英語字幕を特にオススメしています。英語の音声と字幕だけで、何の事について表現しているのか丸ごと理解できるようにすることが大切です。

「愉快に学習する」ことを合言葉として、英会話の実力を磨き上げる授業内容があります。そこではあるテーマに沿った対話で会話力を、トピックや歌といった多様なテキストを使うことで聞き取る力を向上させます。
一定時間に集中して英語を聞くという英語学習法は、聞き取りそのものだけでなく、聞いたままに話すシャドウイング、ディクテーション方式などの勉学にも使えるため、たくさん混ぜ合わせながら学ぶ事をイチ押しします。
緊張そのものに慣れるためには、「長い時間、英語でしゃべる環境を1度だけもつ」場合に比較して、「時間は長くないが、英会話する場をふんだんにもつ」方が格別に有効なのです。
海外旅行することが英会話レッスンのこれ以上ない場であり、英会話そのものはテキストで学ぶだけではなく、実践的に旅行の際に話すことによって、ようやく体得できます。
30日間で英語脳を育成するプログラムは、聞いた会話を声に出して何度も繰り返しレッスンします。そうすることにより、英語を聴き取る力が目覚ましく前進していくのです。

英会話を学習すると言いながらも、ひとえに英語による話ができるようにするということだけではなくて、多くは英語が聞き取れるということや表現のための勉強という部分が内包されていることが多いです。
通常、アメリカ人と対面する場合はよくあっても、フィリピン人、インド人、メキシコ人の話す英語など、現実的に少し訛っている英語を聞き分けができるということも、大事な会話力のキーポイントなのです。
子供に人気のトトロや魔女の宅急便などの映画の英語版のバリエーションを見れば、日本語と英語間の感覚の開きを具体的に知る事ができて、面白いでしょう。
総じて文法の勉強は必須なのか?といった論争は頻繁に行われているけれど、私の経験談では文法を学習しておくと、英文を理解するスピードが圧倒的に上向くので、のちのちすごく役に立ちます。
英語の文法のような知識的知能指数を高めるだけでは自然な英会話はできない。その他に、英語を使って理解・共感する能力を向上させることが英語を流暢に話すためにはとても求められる事であると想定している英会話教育法があるのです。

いわゆる英会話を学ぶためには、アメリカであったりイングランド、イギリス系英語のオーストラリアなどの母国語が英語である人や、常に英語を多くよく話す人と多く会話することです。
しょっちゅう、幼児が単語を記憶するようにナチュラルに英語を学ぶべきなどと言われますが、幼児が卒なく会話できるようになるのは、当然ですが腐るほど言葉のシャワーを浴びてきたからなのです。
たくさんの外国人もお茶をしにやってくる英会話Cafeという所は、英語を学習しているが実践する場所がない方と、英語で会話するチャンスを得たい人が一緒になって会話を楽しむことができるのです。
ビジネス上の初回の挨拶は、ファーストインプレッションに直結する無視できないエレメントです。手落ちなく英会話で挨拶する際のポイントを何はともあれつかみましょう。
通常、英会話は、海外旅行を安心して、また楽しむための一つのツールでありますから、海外旅行で実際に用いる英会話自体は、そうたくさんはありません。

英会話というものにおいて、ヒアリングできる事とスピーキングの力は、定まったシチュエーションにだけ用いることができれば良いわけではなく、すべての事柄を包括できるものでなければならない。
英語にあることわざや故事成句などから、英語の勉強をするという手順は、英語の学習自体をより長く継続するためにも、絶対に敢行して欲しい一要素です。
英語を自由に話せるようにするには、始めに「英文が読める為の文法」(受験用の文法問題に解答するための英語学習とは別の区分としています。)と「最低限の語句の知識」を修得する学習量が絶対に外せません。
英語しか話せない英会話クラスならば、日本語の単語を英語にしたり英語の言葉を日本語に置き換えたりといった翻訳する過程を100パーセント消失させることで、完全に英語だけを使って読みとる回路を頭の中に作り上げるのです。
アメリカの民間企業のお客様電話サービスの大多数は、実のところフィリピンに開設されているのですが、電話で話し中のアメリカにいる人達は、向こうにいるのがフィリピンの要員だとは気付かないでしょう。

英語で話しているとき、あまり覚えていない単語が含まれることがあるでしょう。その場合に実用的なのが、会話の流れによっておおよそこういうことを言っているのだろうと推察することなのです。
CMでもお馴染みの『スピードラーニング』の特に秀でているのは、聞き過ごすだけで、英会話が自然と操れるようになる箇所にあり、英会話を会得するには「特殊な英語の音」を分かるようになることが肝要なのです。
アメリカにある会社のお客様コールセンターの九割方は、実際はフィリピンに配置されているのですが、コールしているアメリカにいる人は、受け答えしている相手がフィリピンのメンバーだとは気づきません。
英語を学ぶには、「反復」のリピーティング、聞いたままに話すシャドウイング、「聞いたことを書き出す」ディクテーションなどの色々なバリエーションの能率のよい習得法がありますが、経験の浅い段階で絶対不可欠なのは、十分にリスニングするという方法です。
ビジネスの機会での初めての場合の挨拶は、その人のファーストインプレッションと結びつく無視できない要因です。間違うことなく英語で挨拶ができるポイントを一番目に押さえてみよう。

確実な英語の勉強をする場合なら、㈰何よりも聞く回数を増やすこと、㈪意識そのものを日本語ではなく英語で考えるようにする、㈫暗記したことを忘れることなく身に付けることが大切になります。
携帯電話や人気の高いAndroid等の英語ニュースを流す携帯アプリを使用することで、耳が英語耳になるように注力することが英会話に熟練するための早道なのである。
よく聞くことですが、海外旅行が英会話レッスンの最も適した場所であり、英会話というものは座学で記憶するのみならず、身をもって旅行の中で使用することで、とうとう獲得できるものなのです。
ユーチューブ等には、教育の意図で英会話を教えている先生や少人数の集団、英語を話す一般の人たちが、英語を学んでいる人用の英語の授業的な便利な動画を大量にアップしています。
「英語圏の国を旅する」とか「ネイティブと友達になる」とか「英語のDVDや、英語詞の音楽やニュース番組を英語で聴く」というように、色々なやり方が一般的ですが、始めに基本の単語を2000個程は暗記するべきであろう。

TOEIC等の受験を目論んでいる方は、スマートフォンの簡単なアプリである『TOEICリスニングLITE』というのがヒアリング力の前進に寄与します。
どういうわけで日本人ときたら、英語でいうところの「Get up」や「Sit down」といった発音を、二語を離して「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」と明瞭に発音する事が多いのか?このような語句は「ゲラッ(プ)」「セダン」と発音する方がより英語的だ。
自由に会話したり、ロープレをしてみたりと、少人数グループだからこその講座の強みを駆使して、様々な講師との意見交換に限定されることなく、授業を受ける人達との普段の語らいからも実用的な英語を体得することが可能です。
教材のYouCanSpeakそのものの特徴は、多くの英会話を聴くことで英語学習をするというよりも、多くしゃべりながら英会話学習するタイプのお役立ち教材なのです。何よりも、英会話を優先して訓練したい人達に有効です。
ふつう英会話であれば、リスニングできる事と話せる事は、所定のケースに限定されるものではなく、例外なく全ての会話の中身を包含できるものであることが必須である。

女性に人気のある英会話カフェには、なるべくたくさん通いましょう。1時間当たり3000円程度が妥当なもので、時間料金以外に定期的な会費や登録料が入用なこともある。
英会話を使ったタイムトライアルは大変大切ですね。内容は平易なものですが、本当に英語での会話を想像しながら、瞬間的に会話が順調に進むようにレッスンを積むのです。
子供向けアニメのトトロや人気の千と千尋の神隠し、魔女の宅急便などの英語Ver.を視聴すると、日本語エディションとの感じの落差を実際に知る事が出来て、魅力的に映るに違いありません。
Skypeでの英会話は、通話にかかる費用がいらないので、非常に家計にうれしい勉強方式です。スクールなどへの移動時間も節約できて、空き時間を使って所かまわず勉強することが可能なのです。
英語をシャワーみたいに浴びるみたいに聞く場合には、じっくりと聴きとるようにし、判別できなかった単語を何回も朗読してみて、今度からはよく分かるようにすることが目標です。

評判のロゼッタストーンでは、日本語に訳してから考えたり、単語とか文法をそのまま記憶するのではなく、他国で毎日を送るようにいつのまにか外国語そのものを覚えることができます。
いわゆる英会話と言っても、シンプルに英会話ができるようにすることだけではなしに、かなり英語のヒアリングや表現のための勉強という意味がこめられている事が多いです。
仕事の場面での初対面の挨拶というものは、その人のファーストインプレッションと結びつく重要となるものです。手抜かりなく英語で挨拶する際のポイントを一番目にモノにしましょう!
ある語学学校では特徴として、「素朴な会話ならなんとか話せるけれど、現実に話したいことがスムーズに言い表せないことが多い」という、中・上級者に多い英会話の迷いを取り除く英会話講座だと言えます。
「子供自身が成功するかしないか」という事には、父母の影響が非常に大きいので、大切なあなたの子どもへ一番良い英語の習得法を供用するべきです。

英語で話す時に、耳にしたことがない単語が出てくる事があるでしょう。そんな時に役に立つのが、会話の前後からおそらくこのような意味かと想定することと言えます。
昔から英会話の全体的な力を上げるためにNHKラジオ英会話というラジオプログラムでは、モチーフに即したダイアログ形式で話す能力、加えて海外ニュースや、歌などのあらゆる素材によりリスニングの能力がゲットできます。
変わらず人気のNHKラジオの中の英会話を使った番組は、CD等でも聞くことができるうえ、ラジオでの語学番組の中でも高い人気があり、料金が無料でこれだけ出来の良い英語の学習教材はないと言えます。
某英会話教室では、日常的に行われる段階別のグループ単位のクラスで英語の勉強をして、その後更にお互いに自由な会話を行う英会話カフェで、実習的英会話をしています。学習し、かつ使いこなす事の両方が大事な点なのです。
ニコニコ動画という動画サイトでは、学ぶための英語で話をする動画などの他、日本語の単語や語句、ひんぱんに使われる文句などを英語にすると何になるのかをグループ化した動画などがあります。

英語を読みこなす訓練と単語の勉強、そのふたつの学習を並行してやるような半端なことはせずに、単語を暗記するならシンプルに単語だけ一息に頭に入れてしまうとよい。
英語会話というものは、海外旅行を安心して、それに加えて心から楽しむ為の一つのアイテムにすぎないので、海外旅行で頻繁に使用する英語の語句は、さほど多くはありません。
元より文法自体は勉強する意味があるのか?という水かけ論はよくされているけれども、私がつくづく思うことは文法の知識があると、英文を読んだ時の理解速度が革新的に上昇しますから、のちのち非常に役立ちます。
iPhone等のスマートフォンやいわゆるAndroid等の携帯情報端末の英語ニュースを聞けるアプリケーションソフトを使い続けることで、耳が英語耳になるように努めることが英会話に熟練するための最も良い方法だと明言する。
ビジネスにおいての初対面の挨拶は、第一印象と結びつく大きなものです。ミスなく英会話で挨拶する際のポイントをともかくモノにしましょう!

英会話のシャワーを浴びせられる際には、確実に集中して聴くようにし、聞き取りにくかった単語を何度も声に出して読んでみて、その後は明確に聴き取れるようにすることが肝要です。
どういうわけで日本人ときたら、英語の「Get up」や「Sit down」という発音を、2語を分離して「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」といったように発音するのか分からない。これについては「ゲラッ(プ)」「セダン」と発音する方がより英語的だ。
一般的に英語には、たくさんの勉強メソッドがありますが、相手の言葉を素早く繰り返し言うリピーティング、聴いたスピードで喋らなければならないシャドウイング、音と文字のずれをなくすディクテーションと、有名な海外ドラマや映画を用いた学習方法など、大量にあるのです。
通常、TOEICで、高い点数を取ることを目的として英語の学習をしているタイプと英語をぺらぺらしゃべれるようになりたくて英語学習している人とでは、おしなべて英語力というものに明白は開きが見受けられるものです。
英語という言葉には英語独特の音同士の関係があるのを認識していますか?このようなことを認識していないと、仮に英語を聞いていったとしても全て聞き分けることが適いません。

英会話学習といった場合、もっぱら英会話を学ぶこと以外に、もちろん聞いて判別できるということや会話のための勉強という部分がこめられています。
単に聞き流すだけの単に英語シャワーを受けるのみではリスニングの才覚は成長しない。リスニングの力を発展させるためには最終的には十二分に音読と発音を繰り返すことが大切なことなのです。
ドンウィンスローの小説そのものが本当に興味深いので、その続きも読み始めたくなります。英語の勉強というイメージはあまりなくて、続きに惹かれるから英語勉強自体を維持することができるのです。
知られている英語の金言名句、ことわざなどから、英語を学びとるという進め方は、英語修得を恒常的に維持したいのなら、無理してでも使ってもらいたいものの1つなのです。
簡単に言うと、フレーズそのものが滞りなく聞きわけ可能なレベルに達すると、言いまわしそのものを一塊で記憶の中にストックすることができるようになるのである。