英語とappleとDIYと

apple製品、英語関連、DIYについて

zvw30「30系プリウス」フリップダウンモニターを1000円で設置「初心者2時間取り付け手順」

Check!!!▼

f:id:buchibuchi4647:20180726151655j:plain



zvw30「30系プリウス」にフリップダウンモニターを取り付けてみました。初心者でもなんとか2時間くらいで設置することができました。費用もあるものを使ったのでわずか1000円です。良かったら参考にしてください。また、プリウス系統でなくともどんな車種でも応用可能かと思います。

 プリウスに1000円でフリップダウンモニター設置

カーナビを自分で設置してから、次にすることはフリップダウンモニターを取り付けることを目標としていました。フリップダウンモニターって?後部座席に座っていても楽しくカーナビの映像を楽しむことができる優れものです。プリウスレベルであれば、必要ないと思うかもしれませんが、せっかくなら設置したい!!って思うのがクルマ好きの無駄な思考かもしれませんが、せっかくなら付き合ってください。

今回もこちらのアプリを参考にしています。

CARTUNE 車の画像や動画が集まるSNS
CARTUNE 車の画像や動画が集まるSNS
開発元:Michael Inc
無料
posted withアプリーチ

車を自分でカスタムする時に最近参考にしているのがこちらのアプリ「CARTUNE」です。クルマ好きならとりあえずダウンロードしておいてそんはないはず。プリウス→フリップダウンモニターって検索するとたくさんのカスタム例がヒットするので、簡単にやり方を調べることができる便利なアプリです。何か車DIYするときはとりあえずこれで探すことから始めます。

今回使った用具

もちろんフリップダウンモニターは1000円ではありません。こちらは通常購入しています。フリップダウンモニターの中でも初心者向けな製品を選んで購入しています。何が初心者向けなのか→配線がシンプルです。その割に画質が綺麗で安いです。オススメです。とりあえず、ある程度綺麗に映って安いのであれば、これを選べば間違い無いでしょう。

フリップダウンモニターはこちらです。

 1000円で取り付け

本来フリップダウンモニターを取り付けるには車種にあわせて、「取り付けステー」を購入する必要があります。車とモニターを支えるための専用のステンレス製の板です。このステーが結構高いので、フリップダウンモニター設置にはいろいろと費用がかかります。

実はこのステーはダイソーに売ってあるものでも十分代用できるので、僕は今回ダイソーで購入してモニターをつけました。取り付けて1年ほどたっていますが、全く問題ないので、大丈夫みたいなので、今回改めて記事として紹介しています。

商品については後ほど詳しく説明します。そして、もう一つ必要なアイテムがこちらです。

 これは必須アイテムです。ないとストレスを感じて僕は無理でしたね。あると綺麗に配線を取り付けることができます。これによって作業時間を半日で設置と短縮できたのだと思います。

プリウスフリップダウンモニター取り付け手順紹介

ここからは実際に初心者が画像は主に20プリウスですが、zvw30「20系プリウスでもプリウスアルファ」でも簡単にモニターを取り付けるための手順紹介です。しかし、僕が急いで取り付けたために写真があまり残っていません。気になるポイントがあれば、コメントください。よろしくお願いします。

カーナビの準備

カーナビ側でモニターとの配線準備します。場合によってはカーナビの取り外しはします。その場合はバッテリーのマイナスも外します。

僕のプリウスはクラリオンナビを使っていますので、モニターとつなぐためには

こちらを購入する必要がありました。これを使ってモニターとカーナビを繋げば映像をモニターに送ることができます。また、ポイントとして、「地デジカーナビ→モニターでテレビを視聴可能。ワンセグナビ→DVDのみ視聴可能」となっていますので注意が必要です。せっかく、後部座席でテレビを見ようと思ってもワンセグが映らないって悩んでいるパターンの原因の1つとして、このことを知らないからです。

穴あけ作業

f:id:buchibuchi4647:20180726143621j:plain

購入したフリップダウンモニターを天井にあわせてそれよりも気持ち小さめで穴を開けていきます。カッターで思い切りどんどん切っていきましょう。ここでのポイントは失敗を恐るなです。

もう一つの真面目なポイントは天井を見ると2点丸い穴が見えると思います。そこのラインにあわせて中心から切っていきます。そうすることで、上記のようにものすごい硬い鉄が現れます。

f:id:buchibuchi4647:20180726143211j:plain

車種が違いますが、どんな車でも対応可能なので参考に。とりあえず天井真ん中に取り付けるイメージです。

穴が開いたら配線

次にすることは購入したエーモンの配線通しを使って、穴を開けた側から→左手手持ち下まで、配線が出るように配線を通します。黄色の配線とおしをごにょごにょしているうちに簡単に通せると思います。

配線が出てきたら、下の方へ通していきます。足元まで配線を通すことができたら→左下のカバーを外します。f:id:buchibuchi4647:20180726144403j:image

ここで再確認ですが、購入したモニター映像を見せる配線で赤と白と黄色の入力配線があります。そちらはカーナビまで通して配線します。ここで必要なのはクワの形をしたアースとACC電源です。これはモニターの電源の配線になります。

f:id:buchibuchi4647:20180726143836j:plain

アースはマイナス、ACCはプラスでした。アースは左下のカバー開けて、どこでもいいのでボルトを外して、一緒にかましてもう一度閉めると、アースの配線は完成です。次はACCです。
f:id:buchibuchi4647:20180726144407j:image

accはプラス電源です。理科で習ったことあると思いますが、電気はプラスとマイナスを繋がないと電気は流れません。ACCを正しく繋がないといけません。僕はカーナビから引っ張ってきました。 

これを使えば、カーナビからの分岐で簡単にACC電源を引っ張ることができます。いろいろ悩むくらいならこれを使った方がいいです。

配線が終わったらモニターと取り付け 

モニターの取り付けは

f:id:buchibuchi4647:20180726150229p:plain

付属のステーをビズで止めるようになっています。その上に専用のステーをさらに購入する形になります。その代用としてこちらを使います。

f:id:buchibuchi4647:20180726150519j:plain

1つ100円を4つで400円購入します。こちらを折り曲げて使います。

f:id:buchibuchi4647:20180726143621j:plain

際ほど穴を開けた時に硬い鉄が見えたと思いますが、実はこれの奥は空洞になっています。これを上手に利用して、この鉄の棒を覆うようにして金具を折り曲げます。ペンチなど使えば簡単できると思います。

そして、折り曲げて固定することができたら、付属のステーとモニターと金具でビズ留めすれば完成です。

 

f:id:buchibuchi4647:20180726151655j:plain

ここまでの作業で約2時間30分くらいです。

f:id:buchibuchi4647:20180726151721j:plain

まとめ

以上で初心者がプリウスにフリップダウンモニターを取り付け設置手順でした。これを設置することで、子供達が喜んでいます。これぐらいのカスタマイズなら誰でもできますので、よかったらチャレンジしてみてください。また、このブログでは初心者が実際にいろいろカスタマイズしていますので、参考にしてください。よろしくお願いします。