英語とappleとDIYと

apple製品、英語関連、DIYについて

【macbookpro2018】と【新型macbookair2018】比較!悩んだ結果購入したのは?

こちらのWebサイトは移転しました。


https://ikuji-kosodate.work/
友だち追加→友達追加で今すぐ使える300記事プレゼント中!
Check!!!▼

macbookair2011をついに買い換えました。ただし、今回、新型MacBookair2018にすべきかmacbookpro2017か?本当に悩みました。僕自身がMacBook Air を長年使っていた理由も踏まえて、徹底比較し、僕が選んだmacを紹介します。

 

【macbookpro2018】と【新型macbookair2018】比較と購入経緯

f:id:buchibuchi4647:20190509221924p:plain

ついにmacのパソコンを買い換えました。実は僕のパソコンはMacBook airを長年ずーと使っていました。気に入ってたポイントは持ち運びが便利で、薄型でおしゃれかつ使い勝手がよかったんですMacBook airは2011の製品をずっと最近まで使っていたので本当に壊れずに持ちがよかったと感心しております。

でもいい加減バッテリーの持ちが悪くなってきたので今回別のバソコンに交換する経緯となりました。パソコンを購入する上で、僕が比較したパソコン新型MacBookair2018にすべきかmacbookpro2018となりました。

両者とも良い部分を持ち合わせているパソコンなので本当に悩みました。今回はそんな両者で悩んでいる人に向けてどちらにすべきか?比較検証したいと思います。

ちなみに僕がパソコンを買い換える上で重要視したポイントは、薄型で持ち運びやすいタイプ、パワフルな作業もできるタイプ、容量いっぱいにカスタマイズできるタイプと3点を重視していました。

新型MacBook Air

f:id:buchibuchi4647:20190509213744p:plain

2018年秋頃に発売されたのがMacBook Airです。なんと8年ぶりにフルモデルチェンジしたMacBook Airです。長年MacBook Airを愛用してきた僕にとっては衝撃的な知らせでした。

CPUにはインテルの「Yプロセッサー」という消費電力の低いタイプを搭載しており、処理性能はMacBookとMacBook Proの中間と言えるでしょう。また、新モデルには指紋認証機能の「Touch ID」が搭載され、ロック解除やApple Payでの買い物が安全かつ簡単に行えるようになりました。

f:id:buchibuchi4647:20190509214257p:plain

でも実際、僕が愛用していたMacBook Airは11インチです。最近MacBook Airで発売されているのは13インチです。薄型で持ち運びに便利なサイズは11インチでしたので、13インチしかモデルがない件についてはとても残念に思っています。

値段もフルモデルチェンジしたことでちょっと上がっています。フルカスタマイズすることで、27万くらいとなります。

こちらの製品はとても人気があるみたいです。初めてmacを買う人向けの入門機としてオススメされております。

MacBookpro13インチ

f:id:buchibuchi4647:20190509220129p:plain

13インチモデルは、メインマシンにも使えるほどの高い処理性能と携帯性のバランスのとれたモデルです。性能も携帯性もどちらも犠牲にしたくないという人は、MacBook Proの13インチモデルをチェックしましょう。

13インチモデルには、「Touch Bar」搭載モデルと非搭載モデルがあります。Touch Barとは、通常ファンクションキーのあるスペースに搭載されたタッチ式の細長ディスプレイ。文字入力中なら変換候補が表示され、写真ならトリミングやフィルタといった編集ツールが表示されます。また、Touch Bar搭載モデルには、ロック解除やApple Payを使ったショッピングの認証に使える指紋認証機能のTouch IDが搭載されています。

f:id:buchibuchi4647:20190509220312p:plain

Touch Bar必要なのか?

僕が今回ちょっと考えたのがTouch Barってどうなのか?確かにTouch Barは最新のパソコンて感じがしますが、それだけです。多分、あまり使わないだろうし、もしMacBook Proにするのであれば、余分にお金を出してまで Touch Bar搭載モデルする必要はない気がしました。

またデメリットとして、充電の消費量が大きいと聞きました。 Touch Barを使っていることで Touch Barのないモデルより充電の減る大きさが全く違ってくるみたいです。

もう一点はキーボードが壊れやすい点です。最近のマックのパソコンはバタフライキーボードを採用しています。バタフライキーボードは打ちやすい反面、ゴミや塵などで不具合が起きやすいという問題があります。実際に、キーボード不具合のケースが年間に何度もあるみたいです。

その上、 Touch Bar搭載モデルであればキーボード交換だけで10万くらいかかるそうです。

僕が選んだmacは?

悩んだ末に僕が選んだMacはMacBook Proの13インチとなりました。その理由としてはメインマシンとしてガンガンこれからも使っていきたいと思っているからです。実際、MacBook Airでもいいのでは?という考えもありましたが、CPUなど比較した時にMacBook Proの方が強いことが判明しました。

その結果、複数のソフトを同時に使っていてもストレスなく使えるな!!と思ったのが決め手です。

あとは、今まで11インチを使っていたのでパソコンの軽量さについても悩みました。しかし、パソコンは毎年改良されるものですね。確かに11インチと比べると大きさは異なりますが、サイズ感は本当に薄いです。それにはびっくりしました。これで13インチ?って思いました。悩んだときはMacBook Proだと思いました。

まとめ

今回、僕は新しくパソコンを買い換えるに当たって色々と調べることで知識も身に付けることができたのでよかったと思っています。最近のパソコンはこんなにも進化したのだと改めて実感しました。これからこのMacBook Pro13インチを使ってこのブログの更新をガンガンしていきますのでよろしくお願いします。