英語とappleとDIYと

apple製品、英語関連、DIYについて

【Kindle Paperwhiteキンドル】セール情報・感想・おすすめカバーまとめ

こちらのWebサイトは移転しました。


https://ikuji-kosodate.work/
友だち追加→友達追加で今すぐ使える300記事プレゼント中!
Check!!!▼

f:id:buchibuchi4647:20181228171652j:plain

【Kindle Paperwhiteキンドルペーパーホワイト】をアマゾンのセールで購入しました。せっかくなので使い方や使ってみた体験談、僕自身がおすすめしたいカバーなど色々まとめましたので参考にしてください。この記事を読めばキンドルペーパーホワイトのいろはが理解できると思います。

 【Kindle Paperwhiteキンドル】の商品紹介

f:id:buchibuchi4647:20181228172109j:plain

私はもともと読書が好きで、紙の本をよく読んでいましたが電子書籍にも興味はありました。というのも、紙の本はどうしても場所を取ってしまうので、棚がいっぱいになると処理に困っていたからです。

電子書籍にすれば、その悩みは解消できます。これからも、読書を続けたいと思い、電子書籍を購入することを決めました。

決意したのはいいのですが、電子書籍は種類が多く、それぞれに長所短所があります。

その中でも、自分がキンドルペーパーホワイトを選んだ理由は「活字を読むのに最適な電子書籍」というレビューを多数拝見したからです。

お風呂でも読書がしたいと思っていたので、防水機能が備わっていることも魅力でした。ただ、金額が少し高いので購入をちゅうちょしていました

それでも、先日のサイバーマンデーでセール対象となっていたので、ちょうどいい機会だと思い購入させていただきました。

キンドルペーパーホワイトとは?

f:id:buchibuchi4647:20181228172526j:plain

いわゆる「電子書籍」です。この機械(端末)さえあれば、いつでもどこでも簡単に本を読むことができます。

本はネットで購入して、端末にダウンロードして使います。一つの端末で何冊もの本のデータを保存することができるので、紙の本のようにスペースを取ることはありません。

また、本を読むだけでなく、気になった文章に線を引いたり、自分の考えをメモしたりすることもできます

後から、自分が線を引いた箇所を検索したり、分からない言葉を調べられるなど、本を読む以外の機能も充実しています。

サイズは手のひら大ほどの大きさですので、片手で操作できます。画面をタップすれば、本を読めますので、電子書籍が初めての人でも簡単に操作できます。

使ってみた感想 

f:id:buchibuchi4647:20181226115831j:plain

読書を趣味としていましたが、ますます読書の時間が増えました。仕事と仕事の合間だったり、移動時間だったりに、かばんからキンドルを取り出してさっと本を読むようになりました。

以前だと、こういったすき間時間はスマートフォンでSNSを眺めているだけでした。ですが、キンドルを購入したおかげで、すき間時間を有効活用できるようになりました。

読書をすると、気分が高揚しますし、知識も豊富になります。生きる上で役に立つことばかりです。もともと読書をしていた方ですが、キンドルのおかげで一層はかどるようになりました。

私が熱心にキンドルで本を読んでいる姿を見て、妻もキンドルを使うようになりました。本の話題も自然に増え、家族関係もさらによくなりました。

メリットやセール情報

f:id:buchibuchi4647:20181226130247j:plain

読みたい本が簡単に読める、というのは大きなセールスポイントです。紙の本だと、本屋に買いに行くか、インターネットで注文しても家に届くまで読むことはできません。

ですが、キンドルだと「1クリック」で本を購入でき、すぐに読むことができます。読みたい本が売り切れということもありません。人気の新刊でも、発売日に読むことができるのは大きな魅力です。

また、キンドル本は割引されていることが多いのもメリットです。日替わりセールや半額セールなども頻繁に行われており、紙の本を買うよりも随分節約することができます。

また、自分が購入した本と関連のジャンルや人気の本も紹介されるため、知らなかった良本に巡り合うことも多々あります。

キンドルペーパーホワイト自体もアマゾンのセール対象商品としてよく売り出ししています。そういったチャンスに必ず購入するのがおすすめです。

デメリット

f:id:buchibuchi4647:20181226130615j:plain

電子書籍ですので「自分の手でページをめくる」ということはできません。紙の本に慣れている人にとって、画面をタップしたりスライドしたりして読み進めるということは抵抗を感じるかもしれません。

それと、ページをめくる際に残像のように前ページの文字と重なることもあり、ストレスを感じることもあります。

また、一つの機械で何冊もの本の情報を管理するため、本体を紛失してしまうと購入してきたすべての本が読めなくなるというデメリットもあります。

読書好きの中には「本を集めることが好き」という人も多いと思いますが、電子書籍ではそういったコレクションも当然できません。

おすすめカバー

自身も愛用しているカバーなので一緒に紹介さしていただきます。

本当に本を開くように読める感じがいいです。 ほどよい重さもそれが返って良いバランスです。多色展開ですが、黒がおすすめです。

はじめからカバーをつけていたので「カバーの開け閉めで電源がオン/オフするのがいい」という口コミを見て「なるほど!!」と感動しました。もうこのカバーなしは考えられません。 

まとめ

「手軽に本が読める」ということが、最大のメリットです。ですから「電車通勤で時間を持て余しているサラリーマンや大学生」に特におすすめしたいです。

キンドルは、小説やビジネス書、学習書などラインナップがとにかく豊富です。「仕事や勉強が忙しいから、本を読みたいけど時間がない」というサラリーマンや大学生には、ぜひ通勤中の時間にキンドルを使って本を読んでもらいたいです。

片手で操作できるので、つり革をつかみながらでも読むことができます。10分、20分のすき間時間を、キンドルのおかげで有効に活用できます。

私自身、通勤時間は苦痛でしたが、キンドルのおかげで今では通勤時間が楽しみにすらなりました。通勤時間を無駄に過ごしている人は、ぜひ購入してみたらいかがでしょうか。