英語とappleとDIYと

apple製品、英語関連、DIYについて

【上級英語】身につけたい人必見の英会話学習法紹介[カタカナ英語から英語に変換する]

こちらのWebサイトは移転しました。


https://ikuji-kosodate.work/
友だち追加→友達追加で今すぐ使える300記事プレゼント中!
Check!!!▼

f:id:buchibuchi4647:20180307214552p:plain

英語のリスニングに自信がない人は絶対に読んでほしい記事です。テストのリスニングなら聞き取ることができるが、ネイティブの英語はなぜか聞き取ることができない人っています。その理由は、英語を上手に頭の中で英語のままで変換できていないからです。

今回はちょっと上級者向けの記事となっていますが、英語を英語のまま理解し、英語にさらに磨きをかける学習方法を紹介しています。どうぞ参考にしてください。

 

 

【上級英語】もっとレベルアップしたい人!必見の英会話学習法紹介

f:id:buchibuchi4647:20181214221351j:plain

本日の英語学習法は以下の悩みのあなたにおすすめです。

  • 英語文法はある程度理解している
  • リスニングも聞き取れないわけではない。
  • 自分の発音に自信がない
  • カタカナ英語に変換している
  • 英語を本質的に上達したい

いかがでしょうか?英語初心者ではなく、英語もそこそこでき、リスニングもある程度聞き取れる人向けの記事となっています。

リスニングが聞き取れる人もネイティブと実際コミュニケーションすると全く何を言っているのか聞き取れないってケースがあります。その理由として、リスニングができないからか?ってわけではありません。

やはり日本人特有の日本語英語に引っ張られているからです。英語を本質的に学習し、英語を英語のまま理解、頭の中で上手に変換することができていないからです。

今回の記事は英語上級者向けに、英語をもっと上達する方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 ネイティブの英語が全く聞き取れない

f:id:buchibuchi4647:20181212104819j:plain

映画が好きで海外に興味をもったのがきっかけで英会話を勉強するようになりました。

文法や単語などは学生時代に基礎的なものを身に着けていたつもりではいたのですが、海外留学に行って英語話者の方々と交流するなかで、自分自身の英会話力に絶望してしまいました

試験のリスニングで聞くようなきれいな英語とは違い、ネイティブの方々が日常的に使用しているリアルな英語についていけなかったのです。

また英会話はまずはしっかりと相手の言っていることを理解することで成り立ちます。そこでリスニングの強化するにあたり、いろいろなアプローチを試しました。

英語学習の本質は「英語耳」

f:id:buchibuchi4647:20181214213033j:plain

私がおすすめしたい英会話の学習法は「英語耳」です。日本人は英語に触れる機会が多くあると思います。

ただ、問題はカタカナ英語にあると思っていて、本来英語にはない音を無理矢理日本語に置き換えているものであるからです。

初学者は英語を話すときに、カタカナ英語を頭のなかで組み立てながら話している方が多いのではないでしょうか。

英語の母音は30近くあると言われていて、本来の発音を反復練習することで、細かな音の違いを使い分けられるようになり、それと同時にリスニング力も向上していきます。しっかりと英語を矯正したいという方には非常におすすめしたい教材です。

脱カタカナ英語、そして英語から英語に変換できるように

この学習法を使って勉強することで、頭のなかでカタカナ英語に変換することがなくなりました。英語を英語としてインプットできるようになったことで、発話の際にも大きく寄与したように思います。

また前述のとおり、英語の発音は日本語よりも多くあるのですが、普段使わないような口の動きをするため、最初は筋肉痛になることも・・・少しずつ音の違いを把握できるようになり、今では映画も字幕なしで理解できるようになりました。

デメリット

私自身、本格的に英語と向き合うようになったのが社会人になってからだったということもあり、限られた時間のなかで効率よく成果を出すことが求められました。そのような意味では「英語耳」には付属しているCDを使って学習を進めていくことができます。

ですので、通学や通勤時のスキマ時間を有効に使えることがメリットとなるでしょう。ただ、すぐに見違えるような効果が期待できるものではありませんので、地道に努力していくことが重要となります。

まとめ

本気で学びたい意思があれば是非とも勧めたい勉強法だと思っています。この勉強法は試験英語を重視する義務教育課程ではあまり考慮されてこなかったものであると考えています。

英会話というスキルを身につけるにあたって、「英語耳」はその基礎力を養うのに非常に最適であると考えます。

ですから、すぐに効果が出ず長い時間をかけて学習する必要があるように感じていましたが、実は遠回りのようで、その次の英語学習に大きく貢献する学習法になると実感できると思います。