英語とappleとDIYと

apple製品、英語関連、DIYについて

【iPhone8】画面割れ・液晶漏れを自分で修理する手順「費用3000円・作業時間1時間」

こちらのWebサイトは移転しました。


https://ikuji-kosodate.work/
友だち追加→友達追加で今すぐ使える300記事プレゼント中!
Check!!!▼

iPhone8の画面割れや液晶漏れによる修理の問題で悩むことは少なくないです。今回はappleに修理を依頼するのではなく、自分でアマゾンで修理キットを購入し、液晶交換など全て自分でやってみようというわけです。ヒビ割れで悩んでいる人は3000円くらいで修理できるので参考にしてほしいです。

 

【iPhone8】画面割れ・液晶漏れ「自分で修理するやり方」

f:id:buchibuchi4647:20190512203617j:plain

タイトル通りiPhone8の画面にヒビが入った場合にappleや近くの修理業者に依頼するのではなく、自分で修理してみようと思います。DIYでもやってみれば意外と簡単だよ〜って話を聞いたので、ちょっとやってみようと思いました。

携帯に関しては分解は初心者です。分解するとアップルの保証対象外となりますのであくまでも自己責任となります。それでも修理費が16000円から3000円と激安に抑えることができるのでやってみる価値はありそうです。

iPhone8修理手順

修理するにはアマゾンでアマゾンで画面割れ修理キットを購入する必要があります。口コミ評価や日本語表記の説明書など考慮してこちらがオススメかと思います。

 

 

Flylinktechが販売しているiPhone8の画面修理キットを一番オススメしています。レビューなんかをみても、700以上あります。これだけの人がこの会社を利用して購入しています。これはメリットだと思います。

修理に必要な物品

修理に必要なドライバーはキットを購入すればそれっているので購入する必要はありませんが、あえてあげるならヒートガンが必要です。

iPhone8はいい意味で防水加工がしっかりとされています。最初の分解工程で、コーキングが強いので、ヒートガンを使って熱を溶かしてからでないと、結構大変です。もちろん手持ちのドライヤーでも代用は可能です。冬場でしたらヒーターやファンヒーターでも可能です。

修理工程

こちらの動画が一番参考になります。ブログなで長々と画像で解説しているよりも映像で確認しながらの方がわかりやすいです。こちらの動画は30分くらいですが、初心者の場合は1時間くらいかかります。

注意点

スクリーンの交換後、iPhoneの明るさ自動調節機能が反応しない場合は、お持ちのiPhoneがアップデートされているか確認してください。スクリーンを交換した後はTrue Toneは機能しません。オリジナルのAppleスクリーンを再装着した後も同様です。

バックアップについて

自分で画面交換した場合のみ、データが消えることはありません。その結果、バックアップをとる必要はありません。本来ならアップルストアで画面修理を依頼すれば、データが初期化されるので必ずバックアップするようになっています。

しかし、自分で画面修理した場合はそういった面倒がないのがメリットと言えます。とはいえ、どんなリスクがあるか分からないのがセルフ修理です。バックアップは取っておいたほうが良いです。

まとめ

今回はiPhone8の画面割れ、液晶漏れを自分で修理する手順を紹介しました。正直細かい作業が求められるのでリスクもあります。それでも、失敗する確率は低いし、やっている人も多いです。

あなたもやってみる勇気と覚悟があるのであれば、iPhone8の画面修理を自分でやってみてはいかがでしょうか?