英語とappleとDIYと

apple製品、英語関連、DIYについて

英語初心者向け!英検3級ライティングを30日以内で満点取れる対策と3つの勉強法

Check!!!▼

f:id:buchibuchi4647:20180516104633j:plain

*注意*この記事は英語が苦手または初心者向けの英検3級〜準2級向け記事です。英検3級ライティングが導入されから、英検が難しくなったと感じている意見をよく耳にします。しかし実際はそうではありません。多くの人は正しい勉強法や対策方法を知らないので難しいと感じているのかもしれません。今回は英検3級〜準2級ライティングに30日以内で簡単に合格ライン到達する!おすすめ勉強法を紹介します。

英語初心者でも英検ライティングに合格する勉強法紹介 

このサイトでも英検3級のライティングの書き方や例題を使って小学生向けや英語が苦手なヒト向けに対していろいろと勉強法紹介してきました。

英検3級ライティング対策(3)予想問題5題と解答例のまとめ - 英語とappleとDIYと

しかし、それでも英語が苦手だ。ライティングができない。どう書いたらいいのかわからないといった意見はあります。

実際に僕が普段指導している生徒の中にも英語嫌いでライティングが苦手な子もいます。

f:id:buchibuchi4647:20180516105145p:plain

B君:中学1年生:英検3級勉強中

B君は英語はそんなに嫌いではないですが、ライティングになってしまうと手が止まってしまいます。何を書いたらいいのかわからないとずっと悩んでいます。

英語を得意としている生徒は少しアドバイスしたり、長文から使えそうな文章を利用したりして簡単にライティングを書こうとします。しかし、苦手な生徒はそういったことも頭でわかっていても応用するまでが少し時間がかかります。やはり得意な生徒と基本的な部分で違いがあるので、そこを埋める必要があります。

アウトプットの前にインプット

英検3級ライティングにチャレンジしたことがあるなら知っていると思いますが、質問に対して2つ理由を書かないといけません。苦手な生徒はその理由が思いつかないとつまづくパターンがほとんどです。では、なぜあなたはその理由をかけないと思いますか。

それはあなたの中にまだインプットつまり引き出しがないからです。あなたの中に引き出し(語彙やフレーズが)たくさんあれば、それを組み合わせることでアウトプットつまりライティングを書くことができます。インプットの数が多ければ多いほどライティングが得意と一般的にいえます。

英会話もインプットが大切

また、このことは英会話でも同様のことが言えます。英会話は相手が話してきた内容やそのシチュエーション、状況に対してどれだけ自分の引き出しから適切なフレーズをアウトプット「取り出す」できるかにかかっております。つまり、そのインプットの数が少なければ少ないほど、アウトプットの数が限定されてしまいます。

例えば、「How are you?」に対して自分のインプットが「I'm fine.」しかなければ「I'm fine」と答えることしかできません。しかし、インプットの数が多い人は[I'm good]または「pretty good.」や「getting better」などその状況に合わしてあなたのインプット「引き出し」の中から選びアウトプットをすることができます。

話はそれましたが、ライティングも英会話も通ずるものがあり、ライティングで指定された質問に対して自分のインプットからどれだけアウトプットできるかにかかっております。また、ライティングができるようになると、英会話の力もつくと言うわけです。

インプットの大切さは理解できたと思います。では、あなたの引き出し語彙やフレーズをどうやって増やしていくのか。その方法をあなたの立場や状況別に紹介していきたいと思います。自分の目的にあった勉強法を選んで、チャレンジしてください。

あなたの引き出しを増やす方法3つ紹介

インプット増やす方法は多岐に渡ります。本日は僕が普段生徒に指導している方法も含め、英語初心者でも無理なく学べるよう簡単な方法を分野別に紹介しています。また英検ライティング対策を1ヶ月で合格ラインになる方法でもありますので、ぜひチャレンジしてみてください。

無料で使えるネイティブフレーズ

こちらでまず最初に紹介するのはこちらのサイトです。

【31日間無料!英語音声教材付き】1日5分の英会話レッスン

 英検まである程度時間のある方やお金をかけたくない人はこちらを使って学習することをオススメしています。ネイティブの先生から毎日日常会話で使えるフレーズを学習することができます。

このフレーズを自分の引き出しとして少しづつインプットするだけでライティング対策は十分です。また、フレーズを覚えるだけでなく、実際に音声も聞くことができるのも魅力の1つです。ライティング対策のみならず、リスニング対策も同時にできます。

また、別額1000円の利用料金がかかりますが、初月は無料で利用できます。31日間で利用できるだけインプットしたらあとはアウトプット対策で大丈夫だと思います。まずはこのサイトに登録して学習してみてください。

楽しく学ぶライティング対策

あなたは楽しく、笑いながら勉強したことはありますか。なおかつ気がついたらインプットも終わっていたなんてことも。そういった驚くべき学習方法を可能にしてくれるのが「すらら」です。

すららは勉強嫌いや勉強についていけない子供のためのオンライン学習法として紹介されていますが、実は英検ライティング対策として非常に効果的です。英語が苦手な子は自分でインプットすることを得意としていません。しかし、すららを活用することで楽しく、飽きずにフレーズや語彙をインプットすることができます。

僕の知っている生徒もすららを使って学習していますが、座学は嫌いですがすららなら何時間でも学習してくれます。すららに夢中で楽しく時にはパソコンにつこっみを入れたりして学習しています。

すららは少し値段が高い気がしますが、契約すると英語だけでなく国語と算数も同時に学習できます。また、学習管理もしっかりできますので、すららを立ち上げるだけで子供が勝手に勉強するシステムになっています。

まずは無料体験がありますので、ぜひお試しください。

将来を考えた勉強法

最後に紹介する勉強方法は英検ライティング対策のみならず、これから英語を使って何かしたいと将来的に考えている人向けに紹介します。上記2つの方法はあくまでライティング対策とスピーキング力をつけることに重点を置いていました。しかし、英語を身に付けるのであれば、聞き取る力も必要になってきます。相手が何を言っているのか理解出来なければ、インプットからアウトプット出来ません。

そういった場合にオススメしたい勉強方法がこちらです。

 30日で効率よく英会話を身に付けることができる勉強法です。学習方法もフレーズを使って無理なく暗記するタイプです。しかし、その値段はなんと19800円!!正直値段が高い!!!!ってあなたは思いませんでしたか。しかし、将来も考えて英語をたった30日で身につけれるのであればこの値段は安いと思います。

また、30日間で自分には無理だなとか、向いていないと感じたら返品制度はきちんと対応してくれるので、将来を英語を身につけたい、授業中に英語をかっこよく喋りたいと思うならオススメします。30日って短期勝負なところが良い点です。

まとめ

いかがでしたか。今回は英検ライティング対策に向けて30日以内で合格ラインに到達するための学習方法を紹介しました。英検ライティングがなかなか書けない、苦手と悩んでいる人はインプットを意識することで本当にできるようになります。今回紹介した勉強方法で自分に合ったものを選び、ライティングを得意にし、また英会話の力も同時につけるように意識してください。