英語とappleとDIYと

apple製品、英語関連、DIYについて

【Adobeクリエティブクラウド2019】無料ダウンロードにつられた失敗談「イラレを合法的に使うには?」

こちらのWebサイトは移転しました。


https://ikuji-kosodate.work/
友だち追加→友達追加で今すぐ使える300記事プレゼント中!
Check!!!▼

移転しました。

Adobeのcreativecloud2019いわゆるcc2019はとても高額です。なんとか無料で入手またはダウンロードできないかとネットで探していると、意外とあるんですね。今回は僕がAdobeのクリエティブクラウドをネットで入手した経緯と失敗談を紹介しますのでぜひあなたも今後の参考にしてほしいと思います。

 

Adobeのクリエティブクラウドを無料で入手しようとした体験談

f:id:buchibuchi4647:20190509110556p:plain

Adobeはめちゃくちゃ高額なソフトの1つとして位置づけられています。値段も10万円以上しますし、サブスクリプションであっても月5000円以上かかってきます。それでも、仕事でイラストレーター、フォトショップなど使いたいとずっと思っていました。

でもなかなか買う勇気がないなと悩みながら、ネットで安くダウンロードできないかなとネットサーフィンしながら探していました。すると簡単に見つけることができたのです。しかし、無料には無料の落とし穴がありました。今回は僕なりの失敗談を紹介しますので、どうかあなたも参考にしてほしいと思って記事にしています。

ちなみに以下の記事では昔のAdobe製品であれば合法的に永続的にダウンロードできる方法や、格安で購入できる方法を紹介していますのでこの記事を読んで、昔のAdobeでもいいかなって思った人も参考にしていただきたい。こちらであればイラストレーターも合法的に使うことができます。

 

english-apple-diy.hatenablog.com

 Adobe製品をどうやって無料で入手したのか?

f:id:buchibuchi4647:20190509111331p:plain

ここからが本題です。僕がAdobeをほとんど無料みたいな価格で入手したのは、ネットオークションでした。ネットオークションではアドビ製品がとても格安で販売されていました。製品自体を販売しているのではなく、ダウンロード版を販売?していました。

 

値段も1000円から3000円くらいととても安い値段でしたので、僕みたいにAdobeをちょうど欲しがってした輩には格好のネタであったと思います。その結果、簡単に釣られてしまい購入してしまいしました。

どういった製品なのか?

オークションで販売されているAdobeのクリエティブクラウドは製品を激安で購入できるのではなく、ダウンロードしてインストールする形式でした。ここで問題なのが、ダウンロードファイルは安全なのか?その上、アップデートはできないAdobe製品です。また、パソコン自体がアップデート、例えばosのやウィンドウズのバージョンアップにも対応していないとうことです。

非常に不安の残るAdobeでした。ダンウロードの手順はとても簡単でしたが、色々心配ごとやとウィルスを考えたりました。よくよく調べてみると、こういったソフトは合法的な手段でなくてもダウンロード可能みたいで、トレント系のツールを使ってダウンロードできるみたいです。それを販売していたみたいです。

実際使用してみた

f:id:buchibuchi4647:20190509121031p:plain

実際にAdobeのクリエティブクラウド2019をインストールして起動して使ってみました。不安はありましたが、後戻りはできません。すると、意外にもアプリとしては動作していました。イラストレーターも問題なく使うことができました。

動画制作ソフトであるプレミアも使ってみましたが、問題なく使うことができました。プレミアに関しては僕は個人的にFinal Cut Pro Xの方が使いやすいのであまり使っていませんが。

それでも、仕事上、イラストレーターが必須であったので助かりました。ツールの使用や保存に関しても問題なくでき、他のソフトとも互換性があって当時は問題なくできていました。

数ヶ月経って問題発生?

Macを使っていると頻繁に来るのがOSのアップデートです。私はアップデート自体はあまりしないのですが、今回はちょっとした理由もあってOSをアップデートしました。その理由のせいなのか、Adobe製品は全く使えなくなりました。そして、ソフトを起動しても、「このソフトは公式的に購入されたものではないです。再度使いたい場合、公式に購入してください」といったウィンドウが開きます。

また厄介なのがこのウィンドウ画面を消すことができないのです。なんてことだと思いながら、それ以来Adobe製品を使うことなくずっと重たいギガだけを消費して眠らせていました。

しかし、2018年の暮れに、重い腰を持ち上げてこのアプリは使えないと判断して、アプリをアンインストールして削除する経緯となりました。

まとめ

なんでも安い話やおいしい話には裏があります。アップデートはしてはいけないってことだったので、それが原因であったのか?それとも、徐々に使えない仕様であったのかは定かではありません。ただ、今回、こういった話に上手にのってしまった自分が一番いけないと反省しています。今回の失敗談をいかして次回からは公式的にダウンロードするのが一番安上がりで安全であることも学びました。

今回僕が学んだAdobeのクリエティブクラウド2019を激安で永久に入手しようとして失敗した残念な話は決して忘れないようにしたいと思います。ただし、上記で別記事で紹介した合法的にダウンロードする方法はまた別の話です。こちらはAdobe公式の話なので興味がある人はのぞいてみてください。では最後まで読んでいただきありがとうございました。