英語とappleとDIYと

apple製品、英語関連、DIYについて

TOEICテスト(初心者向け)300点台〜手っ取り早く点数上げる勉強法

Check!!!▼

スポンサーリンク

f:id:buchibuchi4647:20170523131315j:plain

勤め先の会社からTOIECを受験しなさい!といきなり言われることがあります。スコア次第で移動や昇級に関わってくることもあります。しかし、TOEIC試験までに時間をかけることができない。または、受験経験があるが、点数が悪かった人も少なくはないと思います。

TOIEC試験は勉強の仕方によって必ず短期間で高得点が狙えます。特に点数が低い方や初心者は点数を上げやすいです。

手っ取り早く点数を上げる勉強方法

TOEICは短期間で必ず高得点が狙えます。また、勉強時間も毎日10時間などする必要はありません。会社勤めの方なら、通勤時間の往復を利用して勉強することをおすすめします。

通勤時間の往復と週末を利用して週に11〜12時間の勉強時間を確保することができれば、300点台→高得点は必ず可能です。

効率的な勉強法

f:id:buchibuchi4647:20170523131447j:plain

手っ取り早く点数を上げるには考え方を変える必要があります。TOEICには「読む」「聞く」のテストはありますが、「話す」「書く」はテストで試されません。つまりTOEIC対策をの勉強とは英語全般の勉強をする必要はありません。

また、短期間で高得点を狙うのであれば割り切ることも大切です。「英語の勉強」というより2ヶ月後の「テスト対策」と考えて勉強したほうが得点が狙いやすいです。短期間にスコア達成を迫られた人は最短距離を行くべきと思います。

ステップ1

まず、中学レベルの英文法ををさらっと復習しましょう。英語の勉強は学生以来....なんて人は中学レベルの英語すら忘れている可能性があります。その結果、TOEICの教材を読んでもまったく進歩しません。逆に、中学英語と文法を思い出せば500点レベルまではいけます。

たった10時間で本当に大丈夫かと思うかもしれないが、このテキストを使えば可能です。学生の頃と比べてあなたは理解する能力が発達しています。中学文法なら10時間もあれば簡単に復習可能です。

ステップ2

次にすることは、単語力を鍛えます。使うテキストは「DUO3.0」です。

このテキストは頻出語句を例文と一緒に覚えることができるすぐれものです。文法や読解問題だけでなく別売りのCDでリスニングも強化できるのでおすすめです。昔から英語の勉強の最短距離として、用例ごと暗記して語彙力、構文を身につけていくは基礎固めとして王道です。

CDバージョン

CDは基礎用と復習用とそれぞれあります。

基礎用CDは本番のリスニングよりも少し遅い音声が録音されています。復習用は本番より早い速度のリスニングが録音されています。これを例文すべて丸暗記して暗唱できるまで繰り返し聞くことが望ましいです。

ステップ3

試験直前になったら公式問題集で実践形式の問題を解いていきます。

実践形式は必ず公式問題集を使うようにしましょう。そして、最低2冊の問題集を準備して、それぞれ本番までに5回は時間を計って解くようにしましょう。

インターバルに設問を先読みするとか、わからない問題は捨てるなど自分なりに対策も立てましょう。また、TOEIC試験まであまり時間がない人は、最初にこの問題集をやってもいいと思います。

おわりに

TOEICテストは「読む」 「聞く」に重点を向けた勉強かもしれませんが、勉強に無駄はありません。この勉強方法は英語の基礎固めといえます。その結果、「スピーキング」の勉強にもつながります。短期間でTOEICテストで高等点をとれるようにがんばってください。