英語とappleとDIYと

apple製品、英語関連、DIYについて

スピードラーニング効果あり、なし?口コミと違うリアルな体験公開

Check!!!▼

スポンサーリンク

 

f:id:buchibuchi4647:20170608111020j:plain

英語を話せるようになるまでいろいろと勉強してきましたが、人生で1度だけスピードラーニングを使って勉強していた時期がありました。

英語を勉強したことある方もそうでな方も1度は聞いたことがある「スピードラーニング」。誰もが「本当に効果あるの?」って疑問に思ったことがあると思います。そんな僕のスピードラーニングを使ったリアルな体験談を紹介します。

 スピードラーニング実際の効果

車のラジオのCMでも「スピードラーニング」のCMをよく耳にします。英語に興味のある人は英語が話せるようになりたいと思っているはずです。しかし、「スピードラーニング」は本当に英語が話せるようになるのか。実際に試した人が周りにいないから購入をためらうってしまいます。値段も決して安いわけではありません。

僕は大学時代、スピードラーニングを購入した人から「スピードラーニング」を借りて勉強していた時期がありました。世間の評価と僕の実際の評価で違う所もあるかもしれませんが、これがリアルな体験レビューと思って記事を読んでください。

動機

f:id:buchibuchi4647:20170605221240j:plain

なぜスピードラーニングを使って英語を勉強しようと思ったのか。それは興味本意です。当時はとても流行っていましたし、留学前であった僕は英会話を少しでも見つけてから海外に行きたいと思っていたからです。

また、キャッチフレーズの「聞くだけで英語が話せる」ってウソか本当かみたいな話に1度は乗りたいものでした。人間は楽して何かを得られるって言葉にとても購買意欲がわきます。それで購入した人も少なくはないはずです。

使用前

使用前は英語のレベルはTOEICは500点前後でした。英会話は外国人を前にしたら、言葉足らずで、固まってしまっていました。また、大学は英語科を専攻していましたので、高校時代、英語は得意でしたが、もう1度文法や英語知識など、大学から復習していました。

しかし、最低限の知識を知っている程度です。はやり、留学するには英会話の能力は必須です。そのために「ペラペラ」になる必要がありました。

勉強方法

f:id:buchibuchi4647:20170606231038j:plain

スピードラーニングは英会話を聞き、その後日本語が流れます。文章内容はあいさつ、家族の紹介や趣味、料理など、最初は簡単なことから始まります。徐々にレベルアップしていきます。

勉強方法は1度は英語を聞く。そして、日本語を聞いて内容理解。後は、何度も繰り返し聞いて、覚えるまで聞く。実際、聞くだけで英語がペラペラってわけにはいきません。わからない単語や覚えきれないフレーズは、メモ帳を用意してまとめていました。

この作業を繰り返して自分の中で納得したら、ようやく次の場面(ユニット)に移ることができます。暗記力や人によると思いますが、僕の場合、ユニット1を完璧にするのに7日くらいかかってしまいました。

このままでは1巻を終わるのに3ヶ月くらいかかってしまいます。そして、全部で48巻。全部終わるのにどれだけ時間がかかるか。スピードラーニングをしている間に留学が終わっている....。スピードラーニングを全巻完璧した人は本当にいるのか疑問になりました。

使用後

結局、スピードラーニングは1ヶ月くらいで挫折しました。終わりの無い勉強。聞き流す内容もあまりオモシロくない。それでも1巻はとりあえず終わらそうと思って、1ヶ月でなんとかやりきりました。

その後、リスニング効果を試そうと海外ドラマを字幕なしで見ることに挑戦。しかし、見事に惨敗しました。1ヶ月そこそこでは僕のリスニング力は全く効果なしでした。

ただ、その後学校で受験したTOEICのリスニングは少しだけ上がっていました。これがスピードラーニングの効果なのかどうかはわかりません。

スピードラーニングはおすすめか

f:id:buchibuchi4647:20170523131315j:plain

ここまできてスピードラーニングを使って英語を勉強することをすすめるのか。相当時間があって、暗記に自信がある人にはおすすめ教材と思います。また、僕の場合、自分で購入した教材でないので、このスピードラーニングに対して、必死さがありませんでした。高額な教材を購入すると利益を出そうと必死になります。やはり購入者しか向いていない教材です。

聞き流すだけはほんとうか

聞くだけで英語がペラペラは神話でした。やはり努力しないと英語は話せません。何かを得るためには努力はつきものです。

しかし、努力を助けてくれる教材もありました。僕は英語を話せるようになるまでにいろいろ教材にも手を出しています。失敗もしています。失敗から学んだこともあります。以下の記事は英語を話せるためにほんとうに勉強になります。

 

english-apple-diy.hatenablog.com

 英語を身につけるなら長期より短期間でマスターしたいものです。どうかこの記事を教訓に英語の勉強に役立ててください。