英語とappleとDIYと

apple製品、英語関連、DIYについて

英語「soとsuch」違いと使い分けルールを中学生向けにまとめ

Check!!!▼

スポンサーリンク

f:id:buchibuchi4647:20170316123448j:plain

英語の並び替え問題頻出「so」と「such」の違いと使い分けををまとめました。中学生向けに簡単にわかりやすく、ルールも学べる記事なのでテスト対策に役立ててください。

suchとsoの基本と意味

「such」と「so」は副詞の働きで日本語訳(とても)という意味があります。あなたも馴染みのある「Very」と意味が似ています。日本語から考えると意味がほとんど同じなら、書き換え可能、またはどっちを使っても大丈夫と思います。しかし、「such」と「so」は正しく使い分けするためにルールがあります。

副詞の基本

副詞の基本的なルールを確認します。副詞は基本的に形容詞、動詞、その他の副詞を修飾します。

  • You are so beautiful.(あなたはとても美しい。)
  • He can run very fast.(彼はとても早く走ります。)

上記例文の場合、soは形容詞を修飾している副詞です。また、fastは(早く走る)動詞を修飾している副詞です。veryはfast(副詞)を修飾しているので、その他を修飾する副詞です。

ちなみに修飾するとは•••••他の内容を詳しく説明すること

soとsuchの違い

副詞の基本的な3つのルールの中で、「so」と「such」は主に形容詞を修飾する副詞として使います。2つの使い分けは単語の語順にどちらを使うのか決まります。以下を確認してください。

soとsuchの使い分け:

so+形容詞+(冠詞)+名詞

such+(冠詞)+形容詞+名詞

形容詞と冠詞の位置によって「so」、「such」どちらを使うのか決まります。日本語訳はどちらも共通で(とても〜です。

例:This is so nice a flower.(これはとてもすてきな花です。)

例:This is such a nice flower.(これはとてもすてきな花です。)

soを使った英文ではnice(形容詞)がa(冠詞)より前の順番であることを確認してください。一方、suchを使った場合、nice(形容詞)がa(冠詞)の後ろになっています。語順を並べ替える問題で頻出です。しっかり確認しましょう

soが使えないパターン

soとsuchの使い分けを紹介しましたが、語順を並び替えても「so」と「such」が書き換え可能できないパターンがあります。

例(可算名詞の単数形の場合)→soとsuchは書き換え可能

such a good pen →so good a pen

例(可算名詞の複数形の場合)→soとsuchは書き換え不可

such good pens  →so good pensとはならない)