英語とappleとDIYと

apple製品、英語関連、DIYについて

モバイルルーターは格安ではない!購入前に必ず確認すること裏ワザ紹介

Check!!!▼

スポンサーリンク

f:id:buchibuchi4647:20170606121935j:plain

モバイルルーターは安くてお得なイメージがあります。使い放題の格安プランで提供されています。しかし、そんな情報すべてを鵜呑みにしてはいけません。何も知らないで契約すると、モバイルルーターを購入した後、必ず後悔します。

初心者でも簡単に理解できるモバイルルーターの「からくり」とちょっとした裏ワザテクニックを紹介しますので、購入前に目を通してください。

モバイルルーター!格安プランは実は格安ではない

モバイルルーターの流行が著しいと思います。コンパクトで持ち運びにも邪魔になりません。家電量販店に行っても低価格で提供しています。また、インターネットでもよくバナーを見つけます。もっと安価だと実質月々2000円前後でモバイルルーターを持つことが可能です。

しかし、あなたはこの安いという言葉に決してだまされてはいけません。購入前にいろいろ調べる必要があります。

モバイルルーターを購入した実体験の悲劇

f:id:buchibuchi4647:20170606123537j:plain

実は僕自身もマンション暮らしをしていた時に料金の安さからモバイルルーターに調べることもせずに購入しました。失敗から学ぶと言うことで、あなたには僕のような失敗はしないでください。

当時の月々の支払いは3600円前後….でした。

たしか最初の契約時には実質2000円前後って記載してあったはず。よくよくホームページを調べると小さな文字で「契約してから1年間持っていたら、キャシュッバックとして30000円差し上げます」と書いていました。

その1年後のキャッシュバックも月々の料金に割り当てることで2年間で月々2000円前後になる「からくり」がありました。 

キャッシュバックがあるからいいやと割り切れる人は関係のない話です。しかし、実際毎月の請求が3600円ほどになると、モバイルルーターよりも、マンションにインターネットを契約したほうがよかったと思うようになりました。

僕はマンションにインターネットを契約しないで、モバイルルーター1つで家庭用と外出時すべてをやりくりしていました。モバイルルーターはやはり通信速度が遅いときもあったのでどうしてもプライベートでストレスに感じることもありました。

速度制限の問題

速度制限について深く勉強しないで契約したので、これには本当に苦しめられた。現在モバイルルーターを契約した場合wimax2とwimaxと4GLTEエリアがあります。今回、わかりやすくするためwimax2とwimaxのエリアについて解説していきます。

このwimaxエリアに関してはネットの制限なしで使い放題利用することが可能です。しかし、wimax2のエリアはある通信量を超えるとネットワーク制限がかかります。

WiMAX2のプランで転送速度に制限のかかる条件は大きく分けて二つです。

1、直近3日のデータ転送量(速度制限の解除は翌日)

2、月間7GB以上のデータ転送量(速度制限の解除は翌月1日)

前者は、最近の3日間での転送データ量が3GBを超えた場合に課せられます。ただし、その場合の転送速度は極端な低速まで落とされることはなく、「youtubeの標準画質の動画は問題なく見られる程度」とされています。もう一つの月々の転送データ量の上限7GBを超えた場合に関しては、128kbpsまで転送速度が絞られます。ここまで速度が落ちると、事実上文字ベースでのデータのやりとり以外はかなり厳しい状態となります。 

                           速度制限に関して

モバイルルーターの契約プラン

ほとんどの会社は契約プランに主に二つ用意しています。

1,ギガ放題(wimax2の速度制限、直近3日のデータ転送量(速度制限の解除は翌日)

2,フラットツープラス(wimax2の速度制限は月間7GB以上のデータ転送量(速度制限の解除  は翌月1日)

僕が契約したのは2、フラットツープラスです。こちらのプランのほうが安いからです。

wimax2のエリアは7GB超えると速度制限がかかってしまい、翌月までものすごく遅くなってしまいます。しかし、wimaxとwimax2の両方対応しているエリアなら速度制限がかかっても制限のないwimaxに切り替えて使えばいいと考えて契約しました。だから、ギガ放題よりも、フラットツープラスでも十分に可能と判断しました。もちろん事前に僕の住んでいる地域にwimaxとwimax2の両方のエリアがあることは確認済です。 

機種選びの失敗

f:id:buchibuchi4647:20170606134244j:plain

当時販売されていたモバイルルーターの中で最新の機種を購入しました。これで大丈夫と思い使っているうちに、あることに気がつきました。

wimax photo

 

wimax2を4GBほど使い、これ以上使うと今月は速度制限がかかると思いwimaxで使おうと思いました。そのためwimax2→wimaxに切り替えるボタンを探しました。

しかし、どこにも見当たりません。最新機種を購入したのに切り替えモード(ノーリミットモード)がついていませんでした。

調べたところ購入したしたルーターはエリアに合わせて自動切り替えモード搭載って記載、手動切り替えができません。これによって通信量が7GBを超しても、ルーターは自動切り替えで、wimax2を選択してしまうので、ずーと速度の遅いままでした。

機種選びの裏ワザ

モバイルルーターで失敗しないことは機種選びです。最近の機種は自動切り替えのものばかりです。しかし、あえて修道でエリアを選択できるもの購入するようにしましょう。これが購入前の裏ワザテクニックです。

そうすることによってwimax2の速度制限がかかっても、手動でwimaxに切り替えることにより、速度制限から逃れることができます。ではどのルーターを購入すればいいのか。現在販売しているルーターで手動で切り替えが可能なのものを2つ紹介します。

まとめ

モバイルルーターは速度制限を考えずに契約すると失敗することがるので、十分に知識をつけて購入を検討してください。解除方法はwimax2からwimaxに切り替え可能なモバイルルーターを購入しましょう。