英語とappleとDIYと

apple製品、英語関連、DIYについて

英検3級面接問題(問題を使って初心者向けに解説)(2)「パターン化された問題を簡単に解くテクニック」

Check!!!▼

スポンサーリンク

f:id:buchibuchi4647:20170611104706j:plain

英検3級面接試験は問題がパターン化されています。解答する側(受験者)も問題を見ただけで答えを予測することができます。初心者や小学生のかたでも簡単に身につけることのできるテクニックです。面接試験までにこのテクニックを確認しましょう。

 英検3級面接試験問題

前回は大問1に関して、試験管の質問を聴かなくても解答を予測して、答えを導き出すテクニックを紹介しました。詳しくは以下を参考にしてください。

 

english-apple-diy.hatenablog.com

 パターン化された問題を簡単に解くテクニック

f:id:buchibuchi4647:20170611104745j:plain

今回は、大問2のイラスト問題について解説していきます。イラスト問題は以下のようなイラストが受験者に配られます。

f:id:buchibuchi4647:20170611094806p:plain

英検3級2次試験問題サンプル

 

このイラストに関する質問を試験管から2問ほど問われます。点数は各5点です。質問パターンは決まっていますので確認していきましょう。

パターン化された問題

2問の内1つの質問は場所や数を質問してきます。「Where〜」→場所、「How many〜」→数で答えるようにしましょう。イラストを見て焦らずゆっくり答えることが大切です。

主語と動詞を忘れてはいけません

数を質問されて、ついつい「two cups」、場所を質問されて「on the table」とその数や場所だけを答えてしまいがちですが、5点満点をとるためには正しい文法で答えるようにしましょう。

two cups→There are two cups.

on the table→There is on the table.

イラストに吹き出しがある場合

イラストに吹き出しが書かれている場合はその吹き出しについて質問されます。また、吹き出しは、頭の中でこれから何かしようと考えていること、つまり未来の内容なので「be goinig to〜」と使って必ず答えるようにしてください。試験管も未来形「be going to」で質問してきます。

今回の場合

質問:What is man going to do?
受験者:He is going to read a newspaper.

イラストに吹き出しがない場合

イラストに吹き出しが書かれていない問題もあります。その場合はイラストに書かれている人物の行動に対する質問です。たとえば

質問:What is the woman doing?
受験者: She is eating cookies.

この場合に注意することは、「吹き出し」と違い、質問文も答え方も現在形進行形で答える点です。

  • 吹き出しありのイラスト

未来の内容なので:What is the man(the woman) going to do?

  • 吹き出しなしのイラスト

イラストは現在の動作なので:What is man(the woman) doing?

まとめ

以上が大問2イラスト問題の解説でした。前回の大問1で8点、今回で8〜9点は確実にとれます。合格点まであと2〜3点。残りの2題も簡単な問題です。試験に向けて対策がんばってください。