英語とappleとDIYと

apple製品、英語関連、DIYについて

英検3級2次面接試験(小学生が合格する対策)試験内容と合格点を確認

Check!!!▼

スポンサーリンク

f:id:buchibuchi4647:20170525205828j:plain

英検3級試験は1次試験と2次試験に分かれています。2次試験は英語による面接試験です。面接といっても対策さえしっかりしていれば、簡単な試験です。小学生がリラックスして合格できるように、2次試験の面接対策をしましょう。

小学生に向けた英検面接対策

英検3級の1次試験のレベルは中学卒業程度と言われています。英検3級2次試験のレベルはもっと簡単で、中学1年生程度の単語で十分です。また、質問形式もパターン化しているので、コツと練習を積むことによって簡単に合格することができます。

まず、問題形式と合格点を確認していきましょう。

面接試験内容

実際の試験の流れを確認しましょう。試験会場に着いたら面接カードを記入して、待機部屋にて名前を呼ばれるまで待ちます。名前を呼ばれたら荷物をすべて持って面接会場に移動します。面接会場では再度あなたの順番が来るまで待ちます。

1.入室  

基本的に入室する時は、「May I came in」といってノックしましょう。別に忘れて入室しても減点対象となりません。

2.面接カードを渡す

入室すると面接官が1人います。緊張すると思いますが落ち着いて自分の席に向かいます。勝手に着席してはいけません。面接試験は基本的に相手の指示なしに動作することはタブーです。

待機部屋で記入した面接カードを渡すように指示されますので、面接官に渡しましょう。渡すときには「here you are」と言います。

3.着席

面接官から着席するように指示があるので、着席します。「thank you」または「yes」と言ってから着席するようにしましょう。また荷物のある方はいすの下のじゃまにならない所に置いてください。

4.あいさつ

 面接官があなたの名前とこれから受けるテストの確認をします。3級面接試験なのに、1級の面接試験の人が受けてる可能性もなくもないので確認しています。

また、名前を聞かれたら「My name is ....」または「I am ....」で答えましょう。3級面接テストを受ける確認に対する返答は「yes」で大丈夫です。

その後、簡単な挨拶があります。例えば「How are you ?」など。このような簡単な挨拶は聞かれないこともあります。ただし、もし聞かれたら簡単に返答しましょう。また、「and you?」と相手に聞き返してあげるといいと思います。

実は、ここまでのやりとりは面接試験の採点には含まれません。重大なミスをしても大丈夫なので気にしないでください。

しかし、ここで面接官とのコミュニケーションをとっておくと、試験問題に移ってからもあまり緊張せずにリラックスして過ごすことができます。

5.問題カードをうけとる

面接官から英語の文章とイラストが描いてあるカードが渡されます。このときに「thank you」を言い忘れないようしましょう。

6.英語の文章の黙読

面接官から英語の文章を20秒間黙読するように指示されます。声に出してはいけません。20秒間発音の確認と情報の読み取りに時間を使います。

7.英文の音読(5点)

黙読後、英文を音読するように指示されます。タイトルから読み始めて、ゆっくりハキハキと読みましょう。読めない単語は飛ばさず、そのままでいいのでローマ字読みで発音しましょう。単語を飛ばすと大きな減点となりますが、わからない単語のローマ字読みは発音ミスと判断されて小さな減点ですみます。

8.英文についての質問(5点)

先ほど読んだ英文の内容に関しての質問を面接官がします。質問がもし聞き取れなかったときは聞き返すことができます。減点にはなりません。あせらずゆっくり答えましょう。

聴き取れないときの質問は「could you say again?」など使って聞き返しましょう。また、質問も問題カードを確認しながら答えて大丈夫です。

9.イラストに関する質問(各5点×2)

英文の下にイラストが描かれています。そのイラストに関して2つ質問をされます。イラスト状況を確認して、主語と動詞を正しく使って答えましょう。主語が抜けたりすると減点対象となります。

10.問題カードを裏返す。

問題カードを裏返すように指示されます。指示に従って裏にしましょう。

11.あなたのことに関する質問(各5×2)

旅行は好き?などあなたのことに対する質問をします。2つ目の質問は理由も必要なので、簡単に理由も加えて答えましょう。聴き取れなかったら、焦らずもう一度質問を訪ねましょう。

12.問題カードを返す。

以上で面接試験が終わったので、問題カードを面接官に返しましょう。返すときも「here you are.」を忘れずに言いましょう。

13.退出

試験管がこれで試験が終わりですので退出するように指示をします。荷物を持って、「see you」とお別れの挨拶をしてから、退出しましょう。

配点と合格点

面接試験は音読5点、音読した英文の質問5点、イラストについての状況説明各5点×2、あなたに関する質問各5点×2そして態度点3点 合計33点です。

合格平均点は19点となっています。各質問に対して、1〜5段階の採点形式を採用しています。問題を部分的に間違えたからといって5点→0点になるわけではありません。音読が苦手な人も普通に読んだら、3点はもらえるはずです。

次回の記事で、各設問5点手に入れる方法を紹介しますので、そこを確認していただけたら、ほとんどの人が合格すると思います。小学生の方も必ず簡単に合格できるように設定していますのでよろしくお願いします。