英語とappleとDIYと

apple製品、英語関連、DIYについて

新TOEICテスト500点台→高得点を目指す短期集中プログラム(社会人向け)

Check!!!▼

スポンサーリンク

f:id:buchibuchi4647:20170324203106j:plain

初めてTOEICを受験した場合の平均スコアが500点〜550点と言われています。TOEICを評価基準の1つにしている企業はますます増えてます。そのために、スコアアップのために、裏ワザ的な話を聞いたら飛びついてしまいそうになります。

確かに、スコアアップにテクニックやコツはあります。しかし、そのためにもある程度の基礎固めは必要です。まずは期間をきっちり決めて基礎固めから→テクニックと進むようにしましょう。

 

2ヶ月で高得点に到達!短期集中プログラム

TOEICテストまで2ヶ月と決めます。最初の1ヶ月は基礎固めを、残りの1ヶ月は解き方のテクニックの修得とドリル演習に費やします。週末はがっつり勉強、平日は通勤時間やランチタイムのスキマ時間を活用して、リスニングや語彙強化に励みましょう。

これを2ヶ月間みっちり続けると、730点以上〜までのスコアアップは望むことはできます。テキストも難しいものを選ばず、できるものを選びましょう。背伸びせず80%の力でできるものをたくさんこなすのがポイントです。

1ヶ月目はベースアップ

f:id:buchibuchi4647:20170424225612j:plain

最初の1ヶ月は単語、リーディング、リスニングの3つをそれぞれ意識して基礎固めしていきます。

リスニングとリーディング

リスニングはある程度のレベルまでいくと、どうしても聴き取れない音があります。その理由は、自分が発音できない語は聴き取れないからです。ではどうすればいいのか。

リーディングで音読をするようにしましょう。TOEICのリーディングは、時間が本当に足りません。ところが、英文和訳のクセがあるので、日本語にいちいち直して考えます。

そうではなく、英語は英語のままで考えるようにしましょう。音源に合わせて、音読することによって、英文を頭から読む練習ができます。

以下のサイトはゆっくり読まれるので、英語学習者向けのニュースサイトです。また、あえて難しい単語やフレーズを避けてニュースを作っているので内容も理理解しやすいです。

http://www.voanews.com/

音読は目で見て、耳で聴き、声に出すこによって、バランスよく英語力を上げることができます。

語彙の強化

単語のテキストは音読のしやすいものを紹介します。

スキマ時間を有効に使って勉強するにはおすすめのテキストです。また音読して暗記するために作られているので、リスニング強化も同時にできるので相乗効果が見込めます。

2ヶ月目は弱点補強とテクニック修得

1ヶ月間、英語力の基礎固めができたら、いよいよ実践形式の問題に取りかかります。まずは、問題演習を解いて、問題構成、出題形式、時間配分がどうなってるのか正確に理解しましょう。

TOEICテストは時間配分が大切ですので、必ず時間を計って問題を解くようにしましょう。各パートは何分で解くのか、何分経過した時点でがどこまで進んでいなければいけないのか対策をたてる必要があります。

感覚とコツをつかむには問題演習を何度もこなすことにつきます。1度解いて終わりではなく、解説を読んでわからない箇所を必ず理解する。特に文法は模試を通じて学ぶこと効果的です。

おわりに

仕事をしながらTOEICの勉強も続けていくのは大変です。しかし、TOEICは継続して続けた結果が必ず成果として出るテストです。2ヶ月と目標を立てて仕事のスキマ時間に高得点を狙ってみてください。